スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計な仕事

やたら短い春を過ぎて、先々週あたりからいきなり真夏。毎日30度超えてます。
外でのいろんな作業をするのに最適な春が短かったので困っちゃいます。
それでも次の冬前にペンキ塗り等いろいろやることあるので、週末は汗ダラダラ
たらしながら働いてました。
そんな、ただえさえやる事たくさんあるのに、余計な仕事を作ってくれるうちの犬。

うちの犬たちは日中外を好きなように走りまくってるんだけど、雨の日や夜寝るときは、
”庭“つき犬猫小屋にいれられる。(ちなみにこの小屋は半分が道具小屋です)
当初、網を口でかじってのばして脱走することがあったんだけど、それがなくなって
よしよしと思ってたのに、去年の秋くらいだったか、軽業師キミが、猫のように庭のフェンスを
よじ登って脱走するようになった。
さらに高いフェンスに作りかえればいいんだけど、それをやってる時間もないので、
とりあえず醜いけど、脱走を防ぐために庭のフェンスの上に木の板を屋根がわりに置いた。

huisje.jpg



ところが、土曜日の夜、またキミが脱走。どうやって脱走したのかわからない。
おまえは引田天功か?ってくらい。
脱走方法わからないと、防ぎようがないので、日曜日の朝、小屋にキミだけいれて、
寝室の窓のカーテンの隙間から小屋を見張ることにした。張込みですよ。まったく。
30分くらい、じっとがまんの子で見張る。こういうときに限って敵は脱走しないんですねー。
で油断してよそ見した瞬間、ガタガタって音がして、外みると、屋根がわりの板と板の間から、
なんと、キミの上半身がでてた!よっこいしょ、よっこいしょって、もがいて出てきましたよ。
そこにいってみるとその隙間は13cmx30cmくらいのせまいもの。
まったく何て犬なんですかね~。

考えた末、屋根代わりの板をとっぱらって、隙間がほとんどない竹みたいのつなげた天然の
屋根を上にかぶせようと決めた。
で、土地の端に植わってる竹みたいなアシを使って屋根作りをすることに。
また、余計な仕事かよーって渋い顔してる旦那を説き伏せて、まずアシを伐採にいく。
とりあえずかなりの量のアシをとって戻って屋根つくりを始めた。
アシの伐採含めて数時間かかって、やっと3分の一。アシ不足。その後用事があって
出かけねばならなかったので、昨日はそこで中断。
今週また気分を新たに、アシ伐採して引き続き作業します。
昨日は本当は土曜日に途中までやったペンキ塗りの続きをしたかったのに、クーって感じ。
いつもこんなです。可愛い動物たちだから、しようがないと思って、こういう仕事しますが
たまにきれそうになります。

Kimi  Luna 2

キミと軽業の師匠ルナ

スポンサーサイト
現在のお天気
プロフィール

Campesina

Author:Campesina
96年にオランダ・アムステルダムに引越し。6年半暮らした後、スペイン・アンダルシア地方に移住。東京、アムステルダムの都会暮らしとうってかわった田舎暮らし。そんな日々の暮らしを綴ったブログです。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。