スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代

5月に東京に向けて旅立った日が、ちょうどスペインの統一地方選挙でした。
選挙の結果、民主党(PP)が社労党(PSOE)に大差をつけて勝利したらしく
帰ってみると、わが町の政府もすっかり変わっていた。
わが町では、PPが圧勝したらしく、町長はもちろんのこと、政府のすべてのメンバーが
PPの人たち。

で、数日前、新しい町長が地元テレビを通して、緊急アナウンスをした。
内容はというと、前の町長とその政府による財政管理が、どれだけずさんなものであったか
ということ、そしてそのずさんな財政管理によって前の政府が残した負債が
2700万にものぼるということ。
つまり町のおさいふは空っぽどころか、借金しかない、これを返していくのは大変な
ことである、よって町民の理解が必要である、てなアナウンスでした。
すべて本当だとしたら、とんでもないことです。どうやって財政立て直すんですかね。
その借金の先は、社会保険、税当局、そして納入業者等らしいです。

これで、うちの地域の道路修理もお先真っ暗です。
去年の10月に長い間待った後、やっと町長(前町長)主催で道路修理工事説明会
行われてやっと始まるんだ~と、みんな信じたところ、結局今まで何も行われて
ないんです。この道の修理用にアンダルシア政府からおりた、と言っていたあのお金は
どこに消えちゃったんでしょうか。

前町長の政府の最後の工事となった、町の中心、一番大事なアラメダ広場の大工事。
年2回のフェリアのお祭り等、数々のイベントが催される広場なので、より良い広場にと
うたわれて改修工事にはいったものの、何じゃこれ~???ってぎょっとする広場に
なっちゃっいました。

Alameda.jpg


・地面というか床は、高価な上、雨降るとツルツルすべる大理石。

・パームツリーの横に立てられたいくつもの醜い鉄の柱。
 祭りのときに、日よけを簡単にとりつけるための鉄柱らしんですが、あまりに醜すぎます。

・子供の遊び場の周りに立てられた、これまた醜い色つきの鉄柱。
 これはいったい、何のため??? 
 子供がこんなものに登っちゃって落ちちゃったらどうするんだか。理解に苦しみます。

滅茶苦茶不評なこの広場の工事、今だに終わってもいません。

前の町長は、こんな状況で町の中を歩けるんでしょうか。
袋だだきにされてもおかしくない状況です。
スポンサーサイト
現在のお天気
プロフィール

Campesina

Author:Campesina
96年にオランダ・アムステルダムに引越し。6年半暮らした後、スペイン・アンダルシア地方に移住。東京、アムステルダムの都会暮らしとうってかわった田舎暮らし。そんな日々の暮らしを綴ったブログです。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。