スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば、愛しのスーツケース

今日、25年以上使用してきたスーツケースを捨てました。かなり苦悩した末。。。

私は昔からハードのスーツケースが嫌いで、初めてスーツケースが必要に
なった28年くらい前かな~、結構質の良いソフトのスーツケースを中と大の
サイズで2個買いました。
昔のソフトスーツケースなので、縦にしてがらがらと引っ張れるスーツケースでは
なく、横のまま、取り外しの効く小さいタイヤ4つで、しかも付着のひもを引っ張って
移動するもの。よって重かったりするとバランスを崩して倒れちゃう。
だから短距離の移動は、もっぱらタイヤなしで、腕の筋肉をめいっぱい使って
よっこいしょっと持って移動。なので移動にはかなり不便だったけど、とっても頑丈で、
しかも軽いからたくさん荷物を入れられたので、25年以上かなり愛用してきました。
特に中サイズのほうは、かなりあっちこっちの国に連れていきました。
つまり、旅の思い出がこれでもか!ってくらい詰まりまくったスーツケースなのであります。

しかし、年とってくるに従って、やっぱり楽なものを好むようになって、去年初めて
縦にしてガラガラとひっぱれる中サイズのスーツケースをひとつ購入。
相変わらずハードスーツケースは嫌いなのでソフトでね。今はソフトでもたくさん
でてるものね、ガラガラと引っ張れるの。
これがすんごい楽。こんなに楽なものだったのね、あのガラガラはってくらい。

去年だんなと2人で日本に行ったときは、このガラガラソフトと昔から持ってる
中スーツケースの2個で旅行。比較的重いものをガラガラにいれて、軽いものを
古いスーツケースに入れて、移動をらくにして。
やはり一度らくなものを使ってしまうと、そちらにとっても魅力を感じ、
今年にはいって、今まで25年以上も使ってきたスーツケースを捨てる決心をして、
もうひとつ中サイズを購入。

残るは大サイズの古いスーツケース。こちらの問題はというと、
最近は飛行機の預け入れ荷物の重量チェックが厳しくなり、搭乗人数2人で、
スーツケースがひとつであっても2人分の重量を足した重量でいいってことが
なくなってしまい、あくまでもひとつのスーツケースは23kg(ヨーロッパの場合)を
超えてはいけないとなったので、大サイズのスーツケースは使用は困難。
なんでも、空港内で荷物を扱う人の体をいたわるための規則だそうで。

ということで大のほうも、もう使うことはないので、大中2つのスーツケースを
捨てることになったんですが、これが思ったよりつらかった。。
とにかくまだまだ頑丈であとまた25年は十分は使えるって感じで、それを
見るとやっぱりもったいないな~って。もちろんもうとっくに元はとれてるんだけど
そういう問題でもなく。。
それと、とにかくやっぱり見てるだけで、今までたくさんしてきた旅がよみがえる~~~。
すてられな~~い、と玄関に置いたまま、数週間以上経過。
結構邪魔だったりして、何度移動したことか。かなりのおばかさんですが
どうしてもポイッて捨てられなくて。
私が捨てきれずにいるのを知ってか、だんなも何も言わず。
大安値段でスーツケースが買える今日、もらってくれる人もいず。ってあたりまえですが。

さすがに昨日、決心をしました。捨てようって。1ヶ月くらい延命したから
もう許してねって感じで。

で、その捨て場所ですが、うちの地域のゴミ捨て場には当然ごみ用のコンテナーが
数個置いてあるんですが、その横の地域の名前のタイルの碑みたいなところが
沈黙の了解のように、誰か持って行きたい人がいたら持っていってゴミの置き場に
なってるんですね~。そこです、しぶとい私はそこにスーツケースを置いてきました。

今まで、日本からオランダへの引越し、オランダからスペインへの引越しで、いろいろな
物をやむを得ず処分してきましたが、これほど処分がつらかったものは初めてです。
自分でも不思議です。

スポンサーサイト
現在のお天気
プロフィール

Campesina

Author:Campesina
96年にオランダ・アムステルダムに引越し。6年半暮らした後、スペイン・アンダルシア地方に移住。東京、アムステルダムの都会暮らしとうってかわった田舎暮らし。そんな日々の暮らしを綴ったブログです。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。