スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便物の検査

以前このブログで、スペインではEU圏外からの郵便物に対する課税対象額が
ぐっと下がったため、日本からいろいろと送ってもらうのが難しくなって困るという
お話をしたんですが、今度は、郵便物への放射性物質の検査が強化されてます。

日本から送られてくる食品は、貨物は50%、個人宛のものは100%が対象になって
放射性物質の検査が行われるそうで。原産都道府県を問わない、というすごい強化度。
しかも、検査費用は、90.15ユーロ、プラス18%の付加価値税。
この費用、郵便一個につきではありません。一品目につき、の値段です。おったまげます。
当然、受け取り人の負担となります。
すでに、高額の支払いになるため、受け取りをあきらめたケースがでてきているようです。
安全性のためというより、政府の金儲けとしか、私には思えません。便乗ビジネスですか。
まあ、事実上、日本からの食品は全て輸入禁止、と言ってるようなものですね。

内容品目に、食品であることを書かなければすんなりとおるのかも知れませんが
開けられたら終わりですよね、これは。

もともと課税の問題から、日本の家族等からの小包は、控えてもらってるので
個人的に問題はないんですが、こういうニュース、腹立たしいのとともに、悲しいものが
あります。なんでこんなことになってしまったんだかって。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

現在のお天気
プロフィール

Campesina

Author:Campesina
96年にオランダ・アムステルダムに引越し。6年半暮らした後、スペイン・アンダルシア地方に移住。東京、アムステルダムの都会暮らしとうってかわった田舎暮らし。そんな日々の暮らしを綴ったブログです。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。